ホーム > 大学生ブログ > 大学を自分たちでよりよいものに!

大学生ブログ

大学を自分たちでよりよいものに!

こんにちは!
私は福岡女学院大学の学友会総務の会長を務めています、
ひいちゃんこと、山田仁美と申します!

今日は学友会総務で私が関わっている活動を
紹介したいと思いますヽ(‘∀’*)ノ
中高の時でいう、生徒会のようなものですが、
内容はどの大学よりも、自信を持って忙しく、充実しているものなんです!!!

私たちは、学校をよりよくするために、様々な話題で話し合います!
新しい企画を考えたり、何を学生が必要としているかを中心に話しています。
今は、バスマナーアップキャンペーンをしたり、
ピンクリボンの活動を導入しようと考えたりして、実現に向けて動いています。
学校側ともミーティングを行います。学生の声を私たちが代表となり伝えるのです。
さらに、学内だけでなく、他の大学等とも繋がり、一緒になって、
天神や地下街などの街頭で献血参加の呼び込みをしたりもします。

ホントにさまざまな活動をしていますが、
最近では、大学の食堂にTFTを導入しました。
私たち、日本人は食べ過ぎているところがあり、
でも一方でアフリカの子供たちは飢餓に苦しんでいるという現状があるんです。
TFTとは、ヘルシーなTFTメニュー(800kcal以下)を食べると
そのうちの20円がアフリカの子供たちの給食一食分になるというものです!

TFTは前会長から引継ぎ、TFTに取組んでいる企業の報告などを聞いて、
食堂と調整していき、実現させました。

私が行っていたことは、二週間に一度のメニューを食堂さんと決め、
学友の皆でポスターを書いたり、TFTメニューを食べて下さった方に
お渡しするチラシを作ったりしました。
現在では2543食50,860円を寄付できました (・ω・)

今年は導入して一周年を迎えたため、
自動販売機からもアフリカに愛を届けようと考えました。
企業さんと打ち合わせをして、
学祭の日、10月25日に、取り入れることができました!(^p^)パチパチ

「私たちだからこそできること」。ただこの思いだけでやってきました。
私はこの取り組みにやりがいを感じています。
なぜなら、アフリカの子供たちを救えているからです。
私たちがヘルシーなメニューを食べることで、
アフリカの子供たちが一食分食べることができるということは、
なんて素晴らしく一石二鳥なことでしょう。

学友会の活動は、すべて私たちだけで行っています。
そのため、仲間とぶつかり、悲しく、辛く、悔しい、きつい、大変、
という思いは何度もしました…(´;ω;`)
思うように一つになれないのは、当たり前ですが、
ただ、私たちが心の中で思っていることは、皆同じなんです。

「女学院をよりよいものに。」

この思いがあるからこそ、やはり楽しいと思えますし、喜びが何倍もあります(*v.v)

私たちは本当に自分の時間を犠牲にして、学友会に注げています!!
それで、学生が、「少し学校変わったね」や
「学友会の存在はありがたい」と言われることがやりがいですし、
私はそれで皆が喜んでくれるのならと強く思っています。

私たち三年生の任期はあと一ヶ月もありません…できることを精一杯して、
私たちの学年でしか出せない色を残して、
下の学年にバトンを渡していこうと思っています。

福岡女学院の学友会総務でしかできない経験をいくつもさせて頂き、感謝の一言です。
私は会長として、上の学年でもなく下の学年でもなく、
この学年でこの7名で活動できて本当によかったです( ^ω^ )
一生の仲間であり、ある意味ライバルですね( ´ ▽ ` )ノ

私にとって、学友会総務のメンバーであったことは誇りです!!
皆さん、是非一度福岡女学院に遊びに来て下さい!少しずつですが、
学生の意見を届けて学生の過ごしやすい学校に変えていこうと
努力している姿を見ることができるかもしれません。
お待ちしています(((o(*゚▽゚*)o)))

TOPへ