ホーム > 特集 > ここがスゴイ!福岡の大学 – 時代の求めるスキルが身につく6校

ここがスゴイ!福岡の大学 – 時代の求めるスキルが身につく6校

ここがスゴイ!福岡の大学

世界で活躍できる能力はもちろん、時代の求めるスキルが身につく大学がある。社会への実戦力を鍛えられる大学がある。そして、手厚いサポートに定評のある大学もある。特色のあるカリキュラムを揃えた大学が多彩だから、夢をかなえる一校がきっと見つかる。

これからをリードする、自分になる

[九州大学]
http://www.kyushu-u.ac.jp/
九州大学は、将来様々な分野において指導的な役割を果たし、広く世界で活躍できる人材の育成にまい進。グローバルな人材に求められる、豊かな教養に裏付けされた深い専門性、価値観が異なる人とのコラボレーション力をはじめ、より高いコミュニケーション能力、全体を俯瞰して状況の流れを読み解く力、自他の考えや行動を創造的・批判的に省察する力、新たなものに果敢に挑戦する力など、多様な能力を育成しています。
そのベースが、新たな知や技能を創出し、未知な問題の解決力となる「ものの見方・考え方・学び方」を身につける『基幹教育』です。初年次には、既存の知識から解答を探すのではなく、自発的に問題を提起し、創造的・批判的に吟味・検討する主体的な学び方を実践しています。さらに高年次には、『専攻教育』と連動して知を拡大・進化。生涯にわたって学び続けることのできる旺盛な意欲と、行動力を備えたアクティブ・ラーナーへと育つ力を培います。

4学科の連携で、チーム医療のスキルを高める

[純真学園大学]
http://www.junshin-u.ac.jp/
2011年、九州で初となる医療系4学科を設置して開学した純真学園大学は、一貫して患者さんの立場に立った総合医療の実践を探求。国家資格への合格はもちろん、各分野における先端技術の修得、予防医学及び情報教育なども充実させ、地域医療へ貢献のできる人材を育成しています。
その特徴は、高度化・専門化が進む医療現場におけるチーム医療の必要性に呼応して、「インタープロフェッショナル教育」を採用したこと。これは、1~4年次まで、それぞれの職種の専門教育に合わせた段階的な指導を行うとともに、看護学科、放射線技師科学科、検査科学科、医療工学科が合同で行う学科横断的なカリキュラムを展開するものです。従来の専門性を重視した縦断型カリキュラムから、職種の専門性を越えた横断型カリキュラムを導入することで、各職種の専門性や役割について相互理解を深め、チーム医療に欠かせない職種間でのコミュニケーション能力が養えます。

臨床能力の高い薬剤師になる

[第一薬科大学]
http://www.daiichi-cps.ac.jp/
1960年の開学以来、九州唯一の薬学系単科大学として、多くの薬剤師を社会に送り出している第一薬科大学。医療人として、患者さんに共感する態度、思いやりのあるやわらかな心の涵養をめざし、少人数の「クラス担任制度」を導入。学生と教員の親密な触れ合いの中で、確かな知識と技能は当然、高い倫理観及び豊かな人間性を身につけた薬剤師を養成します。
そして2016年、本学は国内では2校目、西日本では初となる「漢方薬学科」を新設します。漢方治療は、高齢社会の到来により見られる病態の多臓器化や自然治癒力の低下に対して、有力な治療手段として見直されています。本学科は、このような日本独自の伝統医学である漢方を体系的に学び、患者個々の体質に合った漢方治療に精通することにより、通常の診療のみならず、地域での保健・医療・福祉に積極的に参画。在宅医療、プライマリケア、セルフメディケーションに柔軟に対応できる薬剤師をめざせます。

社会に出て活躍する為の『4つの力』を鍛えぬく

[福岡工業大学]
http://www.fit.ac.jp/
福岡工業大学では卒業後、社会的・職業的な自立を図るためのスキル、「就業力」を身に付けるカリキュラム、「就業力育成プログラム」を正課内に組み込んで実施しています。
「就業力」とは「志向する力」「共働する力」「解決する力」「実践する力」の4つの力に分けられ、4年間を掛けて段階的に修得します。
1年次は自己分析、キャリアデザイン、業界研究や企業ゲーム、コミュニケーション能力の育成授業を通して「志向する力」「共働する力」を養い、2・3年次は培ったコミュニケーション能力に基づき技術者倫理や就業実習、特定専門科目で「解決する力」「実践する力」を養います。
正課で学んだ後、自主的に参加できるプログラムもあります。1年次に実施する「アドバンストプログラム」では短期の就業体験や全国各地の提携大学の学生との交流・ワークを通し、早い段階から自らの今後のキャリアについて考えを深めます。そしてその後の「学び」に結びつけ、大学生活をさらに有意義なものとしています。

歯科医師としての技能と、幅広い教養が備わる

[福岡歯科大学]
http://www.fdcnet.ac.jp/
福岡歯科大学は、充実した施設と環境の中で、口腔と全身の健康に目を配ることができる歯科医師の育成に取り組んでいます。学生は医学的な専門知識や技術を習得するとともに、歯科医師として必要な倫理的態度やプロフェッショナリズムを養います。
これからの超高齢社会を担う歯科医師は、地域の医療・福祉・介護を担当する人々と協力し、社会に貢献することが求められます。そのような歯科医師を育てる教養科目のひとつが、地域の歴史と文化について理解を深める「福博の歴史と文化探訪」です。たとえば、鎌倉時代に中国から栄西禅師によって、福岡に伝来されたお茶についての歴史を学び、さらに茶道の哲学やおもてなしの作法の基礎を体験します。また、講義の一部は九州大学、西南学院大学、中村学園大学、福岡大学の共同授業「博多学」としても実施。他大学の学生とともに博多祇園山笠、元寇の史跡、辛子明太子の生産現場などへ足を運んで学ぶなど、幅広い教養が身につくカリキュラムを用意しています。

2万人のダイバーシティで、可能性が広がる

[福岡大学]
http://www.fukuoka-u.ac.jp/
9学部31学科、大学院10研究科34専攻を有する西日本屈指の総合大学、福岡大学。2万人に及ぶ多様な学生が集う本学は、2014年に「人事が選ぶ大学ランキング(日経HR)」で「対人力」全国1位に選ばれました。
社会の急速なグローバル化を背景に、国籍、人種、言語、文化、習慣などの違いを超えて、互いを知り、理解し合うことが大切になっている現在、「対人力」は必須の力。そして、この力を培っていくキーが“Diversity(ダイバーシティ)=多様性”に他なりません。
本学には、「2万人もの多彩な個性との交流」、「9カ国・地域からの外国人留学生との異文化交流」、「多岐にわたる専門分野をもつ教授陣との出会い」、「全国有数の規模を誇り、最先端の機能を備えた図書館をはじめとする恵まれた施設群」、「社会の各界、各方面で活躍する約25万人の卒業生」など、自らを磨く多種多様なチャンスがあります。多様性に満ちた福岡大学だからこそ、将来の可能性は大きく広がります。

TOPへ