ホーム > Pick Up Myキャンパス 特別編『ぶっちゃけトーク』

Pick Up Myキャンパス 特別編『ぶっちゃけトーク』

Pick Up Myキャンパス 特別編『ぶっちゃけトーク』 座談会 福岡 大学生 リアルボイス

大学生は専門的な勉強をしたり、新しい友達を作ったり、一人暮らしを始めたり、アルバイトをしたり・・・。大人への準備期間のようなもの。新しい自分や未来も見えてくる。そこで、今回は特別編として5人のエージェント諸君を招集する。キャンパスライフについて“ぶっちゃけトーク”せよ!

参加メンバー

  • hareco
  • 亜香音
  • モッ君
  • nob
  • なほこ
  • 九州大学
    工学部 4年
    出身地:福岡県
  • 中村学園大学
    流通科学部 3年
    出身地:福岡県
  • 第一薬科大学
    薬学部 2年
    出身地:福岡県
  • 福岡歯科大学
    口腔歯学部 5年
    出身地:山口県
  • 西南学院大学
    経済学部 4年
    出身地:熊本県

質問1:大学生活で高校生と違うところは?

学生全員が同じ時間割で区切られた高校生活と時間割を自分で決められる大学生活。エージェント諸君の生活は変わったかな。

全員変わりました! なほこ
なほこ大学生になると自分でスケジュールを組んで管理しないといけないところかな。高校のときは先生が注意してくれたけど、今は気が付いたら「レポートの提出期限が明日だった!」なんてことも。それから一人暮らしを始めたことも大きな変化だったかな。最初は開放感もあって、すごく楽しかったけど、だんだん親のありがたみも実感しました(笑)
hareco大学生は時間がたくさんあって自分で予定を作っていける。今は3つくらいバイトしていて、イベント企画も4つくらい受け持っています。
hareco 亜香音高校は授業が1限から5限まで詰まっているけど、大学では授業の選択によって、1コマ分空いたりするから、そういう時間も使って、好きなことをやれるのが変わったかな。ダンスをしたり、好きな音楽を聞いたり、外国人の先生のところに行って雑談したり。授業後も16時~17・18時くらいまで好きなことができる。あとは髪を染められるし(笑)おしゃれも自由なところは全然違います。
なほこ大学生は自分から動いて友達ができたり、輪が広がったりするとこも楽しいと思った。それから社会人と触れあう機会も出てきて、礼儀やマナー、挨拶の大切さがわかってきた。
亜香音私もある企業さんで色んな大学生や専門学校生を集めて、1年間イベント企画を運営していたんですが、そこで年上や年下の方と出会って交友関係が広がったかな。 亜香音
モッ君僕は高校が男子校だったので、大学に入って初めて女の子の友達ができた(笑)大学生って行動の自由度が高くて、行動範囲も広がったからいろんな所に友達ができたってことも変わったところかな。

質問2:今の大学を選んだ理由は?入ってみてどう?

「なりたい職業のために選ぶのか?」「親や高校の先生との相談で決めたのか?」諸君の大学選びはどうだったかな。

nob高校生の時からやりたいことがあったけど、諦めたんです。卒業して別の仕事についたけど、夢を諦めきれずに今の福岡歯科大学に入り直したんです。実際にやってみないと分からないことも沢山あります。興味を持ったことはやってみたほうがいい。やっぱり大学に入り直してよかったです。 nob
なほこ私は成績に見合うところ、得意科目で選んだけど、入ってみたら思っていたより興味がなかった(笑)でもそのことに気づけたから、後悔はしていないですね。受験校を決める時に、体裁や親や先生の目を気にしてたような気もする。浪人してもいいから、やりたいことに素直に向かった方がいいと今なら思えますね。
モッ君 hareco元々は芸術工学部に行きたかったけど、センター試験で失敗して工学部に入ったんです。そしたら女子がいなかった…(笑)希望の学部ではなかったけど、大学生活の中でやりたいこと=企画・マーケティングの仕事を見つけることができてよかったと思っています。
モッ君僕は高校の時からの夢で薬科大へ。高校の時は薬剤師になるだけでスゴイと思っていた。けど、薬学部に入ると薬剤師として何ができるかを考える授業があって。どんな薬剤師になっていたいか、今はまだイメージできない。「それを探していくことも大学生活なのかな?」と思っています。

質問3:今、何をしているときが一番楽しい?

勉強も私生活も含めて今一番楽しい時間はどんなときかな。

モッ君化学実験サークルの活動をしたり、イベントスタッフのバイトをしたり、旅行をしたり。常にやりたい事をやるために行動しているのでいつも楽しいですね。そして、授業やサークルの実験で薬剤師への未来に向かっていることも楽しい。でも、やりたいことがまだまだあって時間が足りない。1日を48時間にしてほしい(笑) 亜香音
nob僕は歯科医師という目標に向かって勉強しているので、その目標に近づいているなと感じる時は楽しいです。5年生になったら附属病院での実習があるので、学生でありながらも実際の治療を体験しながら勉強するんです。自分の未来がイメージできる時間は本当に楽しいです。
亜香音雑誌やインターネットの動画を見ている時や友達と一緒にいるのも楽しいです。大好きなアーティストのコンサートに行ったり、好きなことに自由に向かっている時が一番楽しいかな(笑)実は今日もこの後、乃木坂46のコンサートに行くんです!
福岡って、ちょっと行けば天神で買い物ができて、ちょっと行けば糸島の海で遊べたりして、動きやすいから、いろんなことができますね。
なほこ hareco基本的には毎日楽しいです。福岡っていろんな人がいるから、大学生になって大学外のコミュニティも広がりました。出会った人といろんな話をしたら面白くって、素の自分が出てきたりして。自分が経験したことをみんなにも経験して欲しいので、いろんな大学生が集まれる場を作ろうと思ってイベント企画をやっています。
なほこ私は1つのことを突き詰めて楽しむというよりは、色んなことをしてみたい。今、アートや音楽などを取り上げているフリーペーパーの手伝いをしているけど、そこで出会う人たちがとても素敵な人たちなので話を聞いたりすることも面白い!

質問4:後輩たちへアドバイス!大学選びの秘訣は?

最後に、これから大学生になろうとしている後輩たちに、諸君の経験を踏まえて、アドバイスを頼む!

nob福岡は大学の数も多いし、色んな種類の大学がある。オープンキャンパスもあるので一度自分で行きたい大学に実際に行ってみるのもいいと思います。そして、興味があることは自分で見て実際に体験して選択肢を増やしていったらいいんじゃないかな。 nob
なほこ親や先生のアドバイスも役に立つけど、本当は自分で決めた方がいいと思う。私は個人面談の影響をモロに受けて進路選択をしたので、「本当はこうした方が良かったな」とかモヤモヤした気持ちが実は今も残っているんです。本当に自分が行きたくて決めたのなら後悔はしないんじゃないかな。アドバイスはもらっても良いけど、自分で決めた方がいいと思います。
hareco hareco高校の先生に薦められて工学部入りましたが、自分がやりたいことをやるべきだと思いますね。私は、合格したことに満足してしまって、入ってから違うことに気づいて後悔が残った。だから大学や学部を選ぶ時も自分の意志で決めて欲しいし、そこをゴールにせずに、その先をどうするかを先輩に聞いたり、できる範囲で想像してみたら、後悔しない選択ができるんじゃないかと思います。
亜香音私は、先生とか親からもアドバイスがなかったんです(笑)なので、あの時もっと聞いていれば良かったと思った事もありました。先生や親の意見も取り入れながら、自分がしたい事、行きたい方向を選ぶのが良いのかなと思います。ネットで調べるとリアルな声も知ることができるので、そういうものも参考にしてみたらいいかな。
モッ君大学を選ぶというのは将来の職業に関わることなので、高校生はきっと悩んでいると思う。僕もそうだったから分かるんです。僕は医学部を目指していたけど成績的なことで進路を変えてしまいました。成績やこれになりたいからココに行くということだけじゃなくて、夢に向かっていく過程を想像しながら、先生や両親にアドバイスをもらうのもいいと思います。でも大事にして欲しいのは、自分が進んだ先で何ができるかということかな。進路を決める段階ではなく、進路を決めた後に、もう一度行きたい大学を見極めてみることをおすすめしますね。 モッ君

集合写真

Mission Complete!

なかなかリアルな言葉が聞けたのではないだろうか?大学生になってからいろんな経験を踏んで、新たな夢も見えてきている。まだまだ大学生のリアルは奥深い!しかしながら、全員が最後に口を揃えて言った言葉は「大学に入ってよかった!」だ。
エージェントたちよ、次回は調査を頼む。次なる指令を待て!

Pick Up My キャンパス 第3回テーマ オモシロ授業

Pick Up My キャンパス 第2回テーマ サークル

Pick Up My キャンパス 第1回テーマ 学食へ

TOPへ